秋リーグ 最終試合結果

新年あけましておめでとうございます。

現役の秋リーグの試合結果報告が2週目以降途絶えてしまい申し訳ありません。

大変遅くなりましたが、第4週及び最終週の試合結果をご報告いたします。

(第3週は棄権したため試合を行っていません。)

 

【第4週】

慶應 20-26 日大理工 ×

得点者(敬称略):溪口7点、山北3点、岸谷2点、稲熊2点、坂口2点、地引1点、森1点、伊藤1点、(+1点)

 

【最終週】

慶應 19-13 首都大 〇

得点者(敬称略):溪口7点、西村3点、山北3点、鈴木3点、浜名1点、稲熊1点、三國1点

セーブ率(前田):53%

 

慶應 10-25 東大 ×

得点者(敬称略):西村3点、稲熊3点、山北2点、岸谷1点、鈴木1点

セーブ率(木村):36%

 

 

今季のリーグ戦はエースの不在、負傷者の続出、参加人数の少なさ等、

初めから厳しい状態でスタートし、3連覇という輝かしい成績に続く

ような戦績を残すことができませんでした。

 

各試合を振り返ってみても反省点ばかりですが、それらはリーグ戦後の練習にきちんと反映されているように思います。

秋リーグ終了とともに現在の3年生は引退し、代表は現2年生へと代替わりしました。

今まで参加人数が少なかったため、フォーメーションを考えることや、試合形式の練習を行うことができずにいましたが、呼びかけを強化し人を集めたり、医学部体育会ハンドボール部と合同練習をしたりと新たな試みを行っております。

 

時季リーグ戦では新体制で満足のいく試合を行い、良い戦績を残すことができるように努力していきます。

今年も現役・日吉ハンドボール同好会をよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です